継続は力なり

経営を学び始めて最初に記憶に残った言葉がある。


「ゴーングコンサーン(Going Concern)」だ。


これは、企業が将来にわたって事業を継続していくという前提のことをさす。


もともと、企業会計はこの継続性をもとに作られているようなことも書いてあったような気がしたが、

とにかく潰れないようにしっかり続けていくことが大切だと思った。



しかし、最近では少しとらえ方が変わってきた。

創業をお手伝いすると様々な理由から辞めたいという話も出てくる。

もちろん、始めるのも自分で決めるのなら、終わるのも自分で決めて良い。



ただ、せっかくついてくれたお客様の顔を思い出してほしいと思う。


あなたが辞めることでお客様が困ったりすることはないだろうか?

もしかしたら、こちらからお願いしてお客様になってもらったのではないだろうか?


コロナ禍で、事業の継続を揺さぶられている方も多い。

それに対する持続化給付金や持続化補助金も出されているので必要なら活用することをお勧めする。


ただ、平時では利益体制をつくっておくことが大前提だ。

そうでなければ、大切なお客様と長く付き合うこともできなくなる。





© 2019 by Office TANUMA(無断転載禁止)