時短営業

新型コロナの感染拡大防止を目的として、飲食店などの時短営業が定常化してきている。


よく行く洋食レストランも同様の対応をしている。

夜の部は6時から8時までで、しかも、アルコール類の提供は7時まで。


予約を入れたらわざわざその旨をお知らせしてくれた。

しかし、私にとっての影響はほんの少しだけ。

いつもそのお店で食事をするときはもともとそんな時間帯だからだ。


消費者側からすると、飲食店を早く切り上げるので生活リズムが良くなったり、家庭での時間が増えたりして悪いことばかりではないかも知れない。


ただ、アルコール類の提供をメインとした飲食店からするとやはり大打撃だ。


仮にコロナが落ち着いたとしても、消費者の生活リズムが変わってしまったのならばそれに合わせた営業スタイルを見つけなければならない。


大手居酒屋チェーンが焼き肉チェーンに大転換しているニュースもあったが、消費者自身がどうなるか分からないので、事業者側はさらに大変だ。


まずは、感度の高いアンテナを張るしかないと思った。




最新記事

すべて表示

聖火

アート

言葉

© 2019 by Office TANUMA(無断転載禁止)