金木犀

季節の変わり目を感じる。

いつも通りに、いつものコースをランニングしていると、金木犀の香りがしてきた。


この香りがする頃は、走っていてもぐっと汗の量も減り、さわやかな気分でいられる。

また、夏が終わり本格的に秋を迎える気分にもなる。


外に出ていると香りや匂いを感じることが多い。


いつものランニング中だけでも、冷凍食品工場のシウマイの匂い、みそ工場の大豆を蒸す匂い、外国人が多いわが町では朝からバーベキューする匂い、ときにはすれ違うランナーの強めの香水の匂いなどなど。


これらは、外に出てはじめて感じられることである。

まだまだオンラインでは感じられない。リアルの世界ならではことである。


会議やコンサルティングなどオンラインの画面越しでも十分にできることはあるが、雰囲気など五感を生かして進めたいときもある。


とくに、個人を対象にしたキャリアコンサルティングだと面前の大切さを感じる。


しかし、今はオンラインであれば顔の全体の表情が見えるが、面前だとマスク着用になり目だけで感じ取らなければならない。


マスク生活で子供たちの笑顔が減ったとか、反応が薄くなったとか言われる。早く五感を生かした人間らしい生活に戻りたいものだ。


追記

実はこのブログを書いたのは2週間ほど前。その後、台風の影響で大雨が降り、昨日はすでに金木犀の花は全て地面に落ち、一面オレンジ色に。香りもない。

あっという間にときは過ぎてしまうことを教えられた。ブログアップなどやるべきことは、すぐにやるべきだと痛感した。




© 2019 by Office TANUMA(無断転載禁止)