工夫

感染症で影響を受けていないクライアントさんはいない。


その中でも、飲食店を経営されている方は直撃を受けている。

本来、「食べる」ということは「生きる」ということにつながるものであるが、

外食となると少し違ってくる。


不特定多数がワイワイガヤガヤと飲み食いするタイプの居酒屋さんもあれば、

それぞれボックス席で他のお客の顔も分からないタイプのそれもある。


ただ今回はそうした個別の事情はすべて無視して、一律で飲食店やバーなど名指しで対応を要請された。

客観的に見ればこれも仕方ないことだとも思う。


しかし、当事者から見ればたまったものではない。


私のクライアントさん達も、テイクアウトを開始するなど「工夫」をしている。

中には、持ち帰り専用のメニューを考えて実現している方もいた。


それでも到底穴埋めにはならないのも実情だ。


国は、雇用調整助成金特例や持続化給付金など施策を次から次へと出してきている。

内容をみると細かく対応しようと複雑になっている感じもする。


自分たちは給料が変わらないなどと言っていたが、日銭で暮らしている方々にはすぐに支給できる施策の「工夫」をして欲しい。


コロナも生活は待ってくれないのだ。




© 2019 by Office TANUMA(無断転載禁止)