言葉

年が明けたので一昨年の忘年会のこと。


私が電子書籍「スリーストーン方式で自分らしい創業スタイルを」を出したこともあったので、仲間に洒落で手土産にコーヒーを配った。


そこには、相田みつをの言葉が印刷されていた。

コロナ禍ではこうした言葉がいつもと違う重みをもってくる。


もちろん昨年は忘年会もなく、仲間とのやり取りや他愛無い会話はめっきり減ってしまった。


それでも、こうして年は明けてときは進んでいく。

事態は良い方向に進んでいるとは考えにくいが、どう思うかはその人次第ともいえる。


今年も小欲知足でやり過ごそうか。



最新記事

すべて表示

聖火

アート

時短営業

© 2019 by Office TANUMA(無断転載禁止)